« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

新潟の米は旨いぞ

 今年も越後湯沢ジャズ祭りに参加させてもらった。僕たち二人は歌うわけでも楽器を弾くわけでもなくて、参加したと言えるかどうか微妙なんだけど。そのくせ評論家気取りで酒を片手に自在な素人批判をするもんだから甚だ迷惑だったと思う。楽しかった。プロの演奏や歌は当然に感動もの。中川さんのスキャットも聞けた。皆の趣味でやってるジャズも個性丸出しだったり真剣だったりして素敵だ。贅沢をさせてもらった。ありがとう。

 
Living_room
秋のゲレンデ   iPhone6s wp
 
 ホテルの部屋からは雪の無いスキー場がみえる。木々が微妙に色づいていた美しかった。そこで帰りに少し寄り道をすることにした。
 
 この時期に良い景色が楽しめてしかも高低があってスリル満点らしい“ドラゴンドラ”ってのに乗った。ゴンドラまでは越後交通の路線バスを利用した。
 
Barometer_2
 
 バス停に降りて iPhone6sで気圧を測ってみると 930hpaだった。気圧が低すぎて針が振り切れてしまった。バス停付近の気象庁データは 1023hpa(標高0mに校正してあるみたい)。高地は空気が薄い。バス停の標高は 800m程。そういえば気圧は楽器演奏に影響しないのだろうか。気圧の影響は楽器より人間の方にありそう。ふと、いらぬ心配をしてみた。
 
Autume
ドラゴンドラからの風景  iPhone6s wp
 
ジャス祭りに回文を一つ
互いにワイワイ歌う、祝いは新潟。
(タガイニワイワイウタウイワイワニイガタ)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

献血して送られてくるハガキに一喜一憂

 秋葉原駅の電気街口に赤十字の献血ルームがあって、協力を募っている。僕の場合、確か10月に献血できるようになる筈。窓口で調べてもらうと残念。あと数日またないと献血できないと言われた。年間1200mmL以内の縛りに引っかかっている。

「よろしかったお菓子や飲み物でも召し上がっていって下さい」なんていわれたけれど遠慮した。
 秋葉原に来たついでなので献血したかった。奉仕の意味合いじゃなくて献血後に送られてくる血液情報を知りたかった。体重は順調に増えているのでコレステロール値もあがっているだろうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のお料理当番は十五分で完成

 鶏肉を焼いて芋を茹でて出来上がり。フライパンも洗い終えた。

 
Chicken
カリカリチキン焼き   iPhone6s wp
 
 十五分で作った料理だけどワインがあれば十分に美味しいの。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指紋認証と気圧計

 iPhoneを5から6sにして増えたセンサーが二つ。そのうちの一つが気圧センサー。iPhoneで気圧を測ってなんの役にたつのか想像できないけれどこの手の仕組みは大好き。所有するカシオの時計にも気圧計が内蔵されているくらいだから、技術はセンサーをとっても小さくつくれるのだろう。

 
Barometer
 気圧計    iPhone6s画面キャプチャー
 
 ネットのライブデータとピッタリ一致するので、iPhone内蔵センサーの精度は高いようだ。
 
 指紋認証の方は心配になるくらい早い。ホームボタンを押した瞬間に認証してスリープを解除してしまう。まるでロックを掛けてない時のように動作する。指紋認証は App storeのパスワード入力の代わりにもできる。パスの認証が簡単で一瞬なので買物をしすぎてしまう。画面のこの気圧計は120円で買ったもの。買ってはみたけれど、それこそ何に使えばいいのか思いつかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤモリの脱皮

 金曜日は生憎の小雨模様。明日からの祭りに向けて準備だ、一人が桜の木にヤモリをみつけた。涼しいからなのか動きが鈍くて逃げもしない。

 
Gecko
ヤモリ   iPhone6s wp
 
 なんか様子がおかしい。どうやら脱皮の最中みたいだ。垢がたまるばかりのぼくだから、こいつを見習い脱皮して一皮むけた人間になれるといいな。小雨の中、防水ケースの iPhoneで一枚撮った。6sになって薄暗いところの写りが少し良くなったように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone6sを買った

 ついさっきsoftbankショップで機種変してきた。正直、iPhone5と何が違うのか解らないけれどsoftbankが安くわけてくれるってんだからキャンペーンにのってみます。 

 
  こんどの iPhone6sはSIMロック解除に対応しているらしい。将来激安SIMに乗り換えて通信費を安くすることもできるかもしれない。世の中の賢uい人は大手キャリアの乗り換えキャンペーなどを利用して安く iPhone6sを手に入れ、激安通信会社のSIMに入れ替えてしまう技を使うのかもしれない。ぼくはお父さん犬を好きなのでずっとソフトバンクですよ。
 
 iPhone6sにピンクゴールドって新しい色がラインナップされたので、その助平な色にしようと思ったんだけど在庫切れ。ならばせっかくだから成金趣味みたいなゴールドに決めた。シルバーじゃ当たり前すぎるから。防水ケースは6s用で良い物がなかった。そこで 6用で代用した。6と6sで外形寸法が微妙に違う。0.1mmから0.2mmほど6sが大きい。収まらなかったら6sを削るからって売ってもらった。iPhoneを削るってのは勿論冗談。無事に収まった。保証外。
 
 機種変をしたが iPhone5がまだ手元にある。softbankに返してしまえば月の料金が千円以上安くなるのだけれどこの5は一週間前に交換したばかりなので愛おしくて返せなかった。お店の話ではキャンペーン中であれば、データー移動などの為にしばらくは返さなくても大丈夫って話。もちろん月々の千円引きを捨ててしまえば手元に置き続けてもいい。
 
その場合でも使いみちはある。WiFi環境ならメールやラインや録画テレビ再生、ゲームなど。WiFiがなくても写真撮影、音楽や動画の再生、電卓などの便利ソフト、あと携帯電話ゴッコ。
 
Case
防水ケースの iPhone6s    iPhone5で撮影
 
 iPhone6sの格好いい姿がごついケースで台無しだ。外見から iPhone5なのか6なのかアンドロイドなのかわからなくなってしまった。
 
  ちなみに iPhone6sに内蔵している CPUだが韓国製と台湾製の二種類があるって話だ。買った iPhone6sがどちらのCPUになるかは五分五分らしい。ところが台湾製CPUの方がバッテリーの持ちが数時間も良いと言うから穏やかじゃない。さて、この 6sの中身はどっちだろう。  
 
追伸
 SIMロック解除は Softbankの場合に購入から六ヶ月で可能になるって話だ。その場合でも Softbankとの契約に問題は生じない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

襟裳岬が十八番

 家から一番近い日本一の(何が一番か内緒)蕎麦屋で今日の夕飯を食った。当然に酒を頼んで常連とバカ話。微妙な彼女のスナックへ行く話になった。行ってみるとお休み。

 
 四人の酔っぱらい集団はこんなことではめげない。二軒目に。そこも休み。三軒目はちょっと路地に入った小洒落た店。
 
 今日を当てにした客で既に六、七人の盛況。 四人も混ぜてもらってカラオケ大会の様相。此の店は歌好きが集まる。困るのはカラオケに採点がでる。
 
 テレビでも採点を争う番組を観たが、同じように横グラフに音程のズレを表示して歌い終わると採点がでてくる。気持よく歌えればいいだけなので採点は不要。それに器械に歌の良し悪しが理解るわけがない。皆60点台で四苦八苦。若い女性がテレサ・テンの空港を歌う。写るグラフと音程が見事に一致している。こうやって上手に歌える人もいるのだと感心していると見事点数も94点。
 郷に入っては郷にしたがえ。他人の点数をそれなりに褒めたりす賺したりと楽しんだ。さて、ぼくは森進一の襟裳岬を歌った。なんと90点超えの高得点。
 
 器械は良い歌をちゃんと理解する。と自分勝手に喜んでみる。考えなんか一瞬で真逆になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Apple サポートが素敵よ

 iPhone5の不調は交換で解決した。バックアップがあるので故障前と全く同じに使えるようになった。ところが止せばいいののにお馬鹿な僕は iCloudの設定少々いじった。つかっている iCloudのIDが気にいらなかったので別の IDに替えたかったのだ。 

 
 iCloudの設定で失敗をしでかした。ID変更はネットに繋がる Macからもできる。作業は簡単そのもの。サインインして新しい IDを入力して“変更”ボタンを押せばいい。その後、iCloudを使う各ソフトの IDをあたらしいものに替えるだけ。焼酎を飲みながらの作業が危険。ID変更のつもりが新規 IDをつくってしまった。それだけならまだ良いのだけれど古い IDもいじってしまったようで、もともとの iCloud IDにアクセスできなくなった。
 
 App Storeで仕入れたソフトのアップデートができない。FaceTimeの電話機能がつかえない。iCloudのバックアップが戻せない。iCloudのメールが開けない。、、、、、、、
 
 カレンダーは連休らしいが、ぼくは昨日も明日も現場仕事。そんななか、Apple サポートはぼくの都合に合わせて電話してくれる。
 
 手取り足取りのサポートだった。電話で言われるままにリモートソフトをダウンロードして立ち上げるとぼくのMac画面が先方に見えるようになるらしい。画面にサポートの矢印とチャットの窓が現れて
「この赤い矢印がみえますか」
「はい、わかります」
「では、ご一緒に作業していきましょう」
「はい」
ってな具合です。FaceTimeを立ち上げればこっちの姿もみえるらしい。ところがAppleに登録したIDやパスワードはサポートも直接調べられないらしくて、ぼくが入力した情報を元に探ってくれた。
 
 奮闘の結果、古い iCloudに無事入れた。新しい IDのセットアップも完成した。すっかりサポートの世話になった。その時のぼくはパソコンに不慣れな爺さまそのもの。唯、すこし救いだったのがぼくのキーの入力は十分に早いこと。チャット窓に話す速さで文章を書き込めるしアドレスやパスの入力もお手の物。サポートを受ける爺さんのなかにはキーが苦手てキーボードの文字を探しながら人差し指一本でポチ、ポチ、ポチとやる人も居る筈だ。そうなるとサーポートを受ける時間も果てしなく永くなるのだろう。
 
 ちなみに、サーポートを受ける中で困ったことがあった。問題があってロックがかかり IDとパスワードだけじゃサインインできなくなる場合もある。本人にしか解らない質問と答えを求められるが答えを忘れてしまっていた。
 例えば「好きな先生の名前は?」や「好きなバンドや音楽は?」みたいな質問に答えるのだがたまたま頭に浮かんだ名前を書き込んでいたらしくて苦労した。それに名前を漢字じゃなくてローマ字で入れていたのだから始末が悪い。これではキー入力がいくら早くても台無しだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone5不調

 秋になって夏の疲れがでてきた。十分に睡眠時間をとっているのに朝が辛い。愛用の iPhone5もお疲れ様です。スリープから目覚めないのです。

 
 今朝のことです。iPhoneのボタンを押すと普段通り“スライドでロック解除”の表示が。ところがいくら指で擦ってもパス入力画面に切り替わらない。タッチに反応していない。そうこうしているとお得意様から着信が入った。電話にでたくても着信のスライドも反応しない。えらいこっちゃ。
 
 電源の入り切り、再起動を試してもダメ。いろいろやっていると電源を入れた直後だけスライドが反応した。iPhone5君は無事に目覚めてくれた。でもでも、一度スリープしてしまうと無反応に再び戻ってしまう。
 
 自宅の固定電話でサポートに電話する。 iTunesに繋ぐように指示された。どうやらサポートの話しぶりから、サポート側がネットを通してぼくの iPhone5を確認できる仕組みのようだ。次の指示は“iPhoneの復元”をすること。作業を進めて数十分待つと“こんにちは”の表示がでた。さて動作は正常に戻ったのか。ダメだ。やはり指に反応しない。サポートに再び固定電話で連絡すると「本日のサポートは終了しました」と連れ無いアナウンスが。さてと困った。
 
 故障の原因は前日の作業にありそうだ。金、土、日と講習に参加していた。日曜日に不活性ガスの中でアークを飛ばして金属を溶着した。当然、強烈な電磁波がでる。iPhone5は作業の際も胸ポケットにあったから壊れてしまったのかもしれない。
 
追伸
 次の日の朝がきた。サポートに治らないことを伝えるとハードの故障なので修理が必要とのこと。携帯がないと仕事にならないので今日にでも銀座アップルに持ってくと伝えると「予約が一杯なので提携店を紹介します」と言われた。中にアキバヨドバシがあった。
  本体を持ち込んで調べてもらうと全損だそうだ。三万五千円ほど払って交換してきた。費用のほとんどは保険で戻ってくるからいいのだけれど今日の手間が半端ない。番号札を持って待っているとき昼になった。昼休みを利用してやってきたのか修理依頼の人がどっと押し寄せて長蛇の列になった。このとき並んだ人は番号札をもらっも実際にみてもらうまでは数時間待ちと言われていた。
 
  携帯一個に一日がかりだった。ついでにソフトバンクに寄った。iPhone5を買ってから丁度まる二年になるので 契約の見直しをしてた。不要なドラえもんの解除などなど。来月分から随分と安くなりそうだ。iPhone5は交換でピカピカの新品になったが、料金が減る分で 6Sに機種変しようかとも思う。5と 6Sで何がちがうのだろう?
 
 ちなみに、前の iPhoneに施していたフッ素の防水加工が良かったので交換した携帯にもやってもらおうと当のお店にいくと別の会社になっていた。店員に尋ねると「その店、潰れました」なんて答え。ほんとうに潰れたのか定かではないけど仕事柄防水性能は必須。防水ケースにいれて凌ぐことにした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »