« 今日もお料理 | トップページ | シュワシュワ〜とカクテル »

お化け屋敷か観光施設か

 整形外科へ検診に行かなければならない。先日の事故で救急車で運ばれたのが地元の病院。その時間帯で受け入れてくれた先が此処だったのだが。

 
 病院といえば誰もが白を基調にした風景を想像する。ところが江戸川病院は違っていた。運ばれた病院の廊下が黒い。天井も黒く塗られて変な絵も張り付いている。
 
  その日、救急車から降ろされたぼくはストレッチャーに縛り付けられた状態。体は自由にならない。そのまま気味の悪い廊下を運ばれていくのだからたまらない。オカルト映画でカルト集団の館につれこまれたシーンだ。此の先に何が待っているのか。生け贄にされて血を抜かれるのか人体実験されるのか。聞くところによるとピンクの廊下もあるらしい。MRIのあの大きなリングには象さんの立体模型がはえているのだそうだ。幸い抜かれた血は少量だったし人体実験もX線を浴びせられたくらいで済んだ。
 
 その後係った整形の外来もおかしい。入り口前は木質の床に仕上げられていてゆったりとしたベンチも置かれている。一見するとお店のテラスだ。さて、中に入ると待合室は吹き抜けになっていて正面の壁に3階まで大きな岩を模したディスプレイがゴツゴツと張り付いている。岩に開けられた洞窟にはワニの模型が。右をみると薬局の窓口が斜めになった天井の奥にある。さらにその右奥で喫茶さながらに患者がお茶や軽食をとっている。振り返ると道の駅のように多数の商品が並べられて健康食品が売られている。
 
 患者のなかに綺麗に着飾って鳥の羽をあしらった帽子をかぶる初老の女性も。集うひとの平均年令は六十を軽く超えているようにみえる。そう、此処はご老人の観光地なのかもしれない。
 
 さて、きょうは捻ってしまった膝を診てもらった。首の張りはすっかり良くなったが膝の痛みは抜けてくれない。膝をかばっている所為なのか腰の調子も悪い。朝の腰はまるでぎっくり腰になってしまったのかと思うほど痺れて固まっている。飲み薬の痛み止めを数種類とシップを処方された。体力に自信があったのだけれど老体は自由にならない。薬で痛みを止めておいて運動で固まらないようにつとめるのだ。怠けてしまうと寝たきり老人になりそうだもの。

|

« 今日もお料理 | トップページ | シュワシュワ〜とカクテル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お化け屋敷か観光施設か:

« 今日もお料理 | トップページ | シュワシュワ〜とカクテル »